肌質別の化粧品の選び方

肌質別の化粧品の選び方

化粧品は自分の肌の状態を見て今の状態にあったものを使うことが大切です。口コミで評判がよくても、肌質が違えば口コミのような効果を得ることはできません。肌の状態をよく観察して化粧品を使えば、潤ってキメが整ったトラブル知らずになれます。こちらをセラミド 化粧品←みてね。

 

乾燥が気になる方は保湿化粧品を使用します。保湿力が高い成分は、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどです。乾燥肌の方はバリア機能が低下して敏感になっていることがあるので、できるだけ低刺激のものを選びます。ここをセラミド 化粧品を見てね。

 

敏感肌は乾燥してターンオーバーが乱れているので、保湿してターンオーバーを正常にします。アルコールや香料など刺激になるものを使用していない化粧品を選びましょう。
ニキビ肌はさっぱり系の化粧品を選びがちですが、大人ニキビは保湿が肝心です。保湿することでターンオーバーが正常になり、毛穴つまりが解消されてニキビが治ります。
シミやくすみが気になるときはビタミンC誘導体配合の化粧品がおすすめです。メラニンを還元してシミを薄くしたり、メラニンの生成を抑えてシミをできにくくします。