弛めてほぐして自律神経を整える

弛めてほぐして自律神経を整える

自律神経失調症の治療には、まずリラックスが大事ですよね。自律神経に影響が出ている方は、リラックスや切り替えがうまく行かない状態になっている方が多いと思います。眠れない方や、様々な症状で、うまく休めない方も多いですよね。わたしが実際にアドバイスを受けた時には、まず体から影響が来ているなら、それを治すことが最優先、さらにストレス性でも、交感神経が優位になって体が緊張し、強張っている方が多いそうなんです。この強張りを取り、体を弛めて温めて、ほぐすという意識が大事なんだそうです。緊張状態や交感神経が優位な状態は、自分でも気付かないうちに、体のどこかに張りやコリが生じているそうですよ。それを例えば入浴や温湿布などでほぐしたり、ストレッチでほぐしたり、弛めることが重要だそうです。鍼灸も同じ目的ですね。肩甲骨をゆるゆるさせてほぐす体操や、腹式呼吸もお勧めだそうです。一旦力を入れて負荷をかけることで、体が一気に弛むものなのだそうです。体がほぐれると、自律神経も整います。お探しの金本博明情報はここから。
まず、リラックスして体に力が入っている箇所はないかチェックしてみるといいと思います。